cizucu app icon
cizucu | Community & Stock Photo
Download
magazine
2024.02.09

フィルム価格の値上げに負けず、コストを抑えるコツ | Release #57

フィルム写真はその独特な質感、温もり、そして撮影のプロセス自体がもたらす満足感で、多くの写真愛好家の心を惹きつけ離しません。デジタル時代にあっても、色褪せることのないフィルム写真ですが、趣味で続けるには無視できないコストが伴います。しかし、少しの知恵と工夫で、フィルム写真のコストを抑えつつ、その楽しさを最大限に引き出す方法があります。

一枚に隠されたコスト

まず、フィルム写真にかかる基本的なコストを理解しましょう。35mmカラーネガフィルムの場合、フィルム代は36枚撮りで約1,500円、現像代は600〜800円、データ化は600〜1,000円。すでに3,000円ほどは必要。1枚あたりだと80円を超えます。もしもプリントをするなら、コストはさらにアップ。シャッターを押す度に「チャリン」とお金が消える音が聞こえるとよく言われますが、その感覚はあながち間違いではありません。

Image by Sentimental_Jong

節約しながらクオリティを追求する

賢い選択と工夫は、一石二鳥を取る鍵となります。フィルムについての展望は、今後も値上がりや廃盤が頻繁に起こる予想されているので、節約しつつも楽しく写真撮影を続けられる仕組みを考えることはとても重要です。

リーズナブルなフィルムの選択

カラーネガフィルム界には、KodakやFujifilmのようなブランドが手頃な価格で高品質なフィルムを提供しています。〈Kodak〉の〈Gold 200〉や〈Color Plus 200〉、〈Fujifilm〉の〈FUJICOLOR 100〉は、値上げ以降も比較的に安価なフィルムとして知られています。

Image by usubafilm

自家現像に挑戦する

自宅で現像やスキャンを実践することは、初めに投資が必要ですが、時間をかければかけるほどコストを抑えられます。撮影から現像、スキャンまでの全工程を手掛けることで、作品への思い入れや撮影に対する意識もより深まります。自身で完全な制御を行うことで、技術力が高まれば望む通りの仕上がりを実現し、各写真から得られる満足度を高めることもできます。

Image by gs_pilot

一枚の体験を貴重なものに

フィルム写真の本質的な価値は、支出した金額を超えたところにあります。限られた撮影枚数と、撮影後の即時確認ができない制約は、デジタルとは異なる深い感情的な結びつきと高い撮影満足度を生み出します。お気に入りのカメラを使い、手間をかけて撮影することで、撮影体験はより記憶に残り、コストパフォーマンスも感じられるでしょう。

フィルム価格が高騰している状況がいつ改善されるか、展望は明るくはありませんが、「チャリン」という音は、お金が消える音ではなく、新たな思い出が生まれる鐘の音だと捉えたいものです。工夫しながらも今後もフィルム写真を撮り続けていきましょう!

cover image by yuya4four